2020年10月10日土曜日

12・12 子ども虐待防止策イベント in 東京 2020 参加予約メールを受付中 #虐待防止策2020

 「さんざん虐待された後で、ほんのわずかな子どもしか保護しない」という従来の政策を改め、「そもそも親に子どもが虐待されない仕組み」を政治家が議会へ提出できるようにするイベント。

 実際に親に虐待されて育ったサバイバー当事者の声に耳を傾け、子ども虐待の深刻さを知り、みんなで新しい虐待防止策を作り出す…。
 それが、『子ども虐待防止策イベント in 東京 2020』

 参加予約をメールで受付中です(※先着40名のみ)。
 政治家を含む予約の最新状況は、このページで見られます。


子ども虐待防止策イベント in 東京 2020

●日時 12月12日(土)午後1時30分~4時30分
    開場・集合は午後1時(検温有。お早めに)

●場所 中野サンプラザ8階 研修室5+6 (中野駅北口前)

●入場 無料 (※マスク必携。検温で入場できない場合有)

イベント内容  


◎朗読:虐待サバイバーの被害告白
(10分×3名/30分)
 虐待された当事者が勇気を出して被害を告白
◎解説:虐待の現実と今後の防止策
ライター今一生 ※写真/60分)
 省庁の統計や関連法を元に虐待の現状を解説
◎議論:これからの虐待防止策
(市民×虐待サバイバー×政治家/60
 当事者の声を基に法律や民間でできること

●予約 tokyo2020.nca@gmail.com 
    (予約専用アドレス)


 ※上のメールアドレスをコピーし、メールブラウザへ貼り付け
 ※メールのタイトルに「12・12参加」

 ※メールの本文にあなたの名前を書く

 ※イベント終了後のお茶会(各自精算)に参加したい or 参加しない
 ※1人1通だけ予約メールを送れます(先着40名で〆切)

 当イベントは、適切な感染防止対策を講じたうえで開催します。
(入退場時の制限や誘導、3密の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気、客席での十分な距離の確保、質疑応答時のハンドマイクの消毒など)

 2019年に大阪などで開催された同様のイベントビデオは、ここで見れます。
 下にあるtwitterやfacebookのボタンで拡散し、同行者を募るのもいいですね!


■お問い合わせ
 loveCtokyo2020@gmail.com (代表:そら)

※コピーして、メールブラウザにペースト
※下のSNSボタンで拡散していただけると、ありがたいです