2020年3月14日土曜日

第2回LINE通話ミーティングのお知らせ(スタッフ志願者向け)

 「子ども虐待防止イベント」の東京開催に向けて、ボランティア・スタッフを公募中です。

 前回(初回)のLINE通話ミーティングでは、発起人の「そら」(右の画像)+イベント・ディレクターの今一生+もう一人の3人で行いました。

 イベの開催は9~12月なので、まだ準備期間に余裕があります。
 それでも、早めにスタッフが1人、また1人と増えていくと、運営作業も楽になり、楽しくなってきます。

 なので、さっそく第2回のLINEグループ通話によるオンライン・ミーティングを4月5日(日)午後2時から開催します。

 「面白そう!」「こりゃ有意義だ!」と思ってもらえたら、右の今一生のLINEアカウントに友だち登録を!

 友達承認後に、東京スタッフのLINEグループ通話によるミーティングにお誘いします。

(※今後、オフ会のように池袋周辺でミーティングを行いますが、この活動に関わる交通費・打ち合わせ飲食費などの自己負担分は、寄付金を集めた後で精算できます)

 通話なので、ヘッドセットもしくはマイク付きのパソコン、あるいはスマホを準備しておいてください。


 とりあえず、「子ども虐待防止策イベント」の記事を読んで、スタッフとしてどの役割を担当したいか、なんとなく決めてください。

 実際のイベントの模様は、2019年に大阪で行われた同様のイベントのビデオがあります。
 パソコンでは、この記事の左上で見れますが、スマホの方は以下のリンクでご確認ください。

★子ども虐待防止策イベント 2019 in 大阪(講演+議論)

 親からの虐待に苦しんできた虐待サバイバーが求める防止策を、同じ会場に政治家を招いて訴え、議会にはかってもらおうという試みは、他にはない画期的なイベントです。
 昨年、東京では江戸川区と町田市で、イベント開催をしたこともないふつうの市民が実現させました。

 あなたにも、子ども虐待防止策イベントを実現させることはできます。
 一人では無理でも、一緒ならできます。
 4月5日(日)午後2時、まずミーティングからやりましょう!