2021年4月24日土曜日

5月1日(土)、『子ども虐待防止策イベント in 東京』の スタッフ・ミーティングを開催 #防止策イベント2021



 こんにちは!
 「子ども虐待防止イベント in 東京 2021」スタッフの望月です。
 次回ミーティングのお知らせです♪
 ぜひご参加ください!

【 5/1(土)夜8:00~@ZOOMミーティング 】

(※緊急事態宣言を受け、オンラインでのミーティングとなりました)

 自宅で過ごす時間が増え、経済状況も悪化する中で、虐待を受ける子供が置かれている状況はいっそう深刻化しています。

 子どもたちがこれ以上苦しみ壊されないように、一刻も早く対策がとられなければなりません。
 そのためには、政治家を動かし、本気で新しい虐待防止策を実現させる必要があります。

 「子ども虐待防止イベント」は、虐待サバイバーのリアルな声を政治家たちに届け、彼らや市民と新しい虐待防止策を作り出す場です。

5/1のスッタフ・ミーティングに参加し、
私たちと一緒にイベントを運営しませんか?

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

 私たちは、一緒にイベントを運営してくださるスタッフを募集しています!

 学生、社会人、ニート、子育て世代、シニア、どんな方でも歓迎です♪


 興味を持ってくださった方は、下記のアドレスまでご連絡ください。

lovectokyo2021@gmail.com



★☆イベントの内容と意義☆★

 虐待サバイバー当事者3人が、自分の被害を顔出しで語る

 学会や省庁に忖度せず、従来の防止策の失敗と統計・法律を今一生が解説

 政治家を招いて、当事者が求める「新しい虐待防止策」を議論


 2018年にはじまったこのイベントには、親から虐待されてきたサバイバー当事者を招いています。


 すると、そこで当事者の声を直接聞いて虐待の深刻さを思い知った政治家が、自分の所属する政党の「子ども虐待防止」の勉強会に、イベントで出会った当事者を招くようになったのです。


 ※東京都議会の与党「都民ファーストの会」の勉強会(34日)

http://con-isshow.blogspot.com/2021/03/0304to-fa.html


 虐待サバイバーの当事者が、政治家(しかも与党)の勉強会に招かれて公に発言できるなんて、専門家や活動家などの「有識者」しか発言権を認められなかった児童福祉の長い黒歴史を終わらせる画期的な事件です。


 子どもが虐待されないようにするために、そして、親に虐待されて育ったあなた自身が救われるためにも、『子ども虐待防止策イベント』を一緒にやろう!

 (以上、イベントディレクターの今一生さんのブログより)


 ≫詳しくはこちらをご参照ください↓↓↓

http://con-isshow.blogspot.com/2021/03/boushisaku2021-all.html


 ≫昨年のイベントの動画はこちら↓↓↓

https://m.youtube.com/watch?v=HvwG_vQyPW0&list=PLKHhkp9vWVC3AD4Z2Qyp1kZSGQZ9z3ngL&index=1

★☆イベントの運営方法☆★

 開催マニュアル  (ぜひご一読ください!)

https://con-isshow.blogspot.com/2021/02/KG-boushi2021-03.html


 ※ダウンロードしてプリントしたい方はこちら↓↓

https://drive.google.com/file/d/13vk7b0k43bRtRotkSHzgRS7-T1j3L86O/view?usp=sharing

★☆スタッフの役割☆★

 こちら↓↓↓から、ご希望の係をお選びください

https://drive.google.com/file/d/1WCp0gnB7uA-sjvW7lrztxA9cNiBYiS8G/view?usp=sharing

★☆備考☆★

 スタッフは全員、仕事や子育ての合間を縫って活動するボランティアです。活動資金を寄付で賄うため、個人的な出費は一切ありません

(※打ち合わせ飲食費、交通費、備品購入費などは、寄付金で賄います)


 わからないことがあっても、スタッフ皆で助け合うので大丈夫(˃̵ᴗ˂̵)


 虐待サバイバーの方も、そうでない方も、虐待で苦しむ子どもがいない社会をつくるために、ぜひお力を貸してください!!


☆お問い合わせ先☆
 lovectokyo2021@gmail.com